横浜市 泉区 三田矯正歯科医院★三田院長のblog

矯正歯科治療に関することは滅多に書きません。それがポリシーです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
医院公式サイト
MOOバナー
医療法人MOO 三田矯正歯科医院
横浜市 泉区 矯正歯科

PROFILE
院長&理事長
三田 浩明 MITA HIROAKI
Age 52
Blood Type O
Mita Hiroaki

バナーを作成
院長の趣味だけのblogです。

 

三田院長のInstagramです。

 
開業を目指す人に
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
宙の前

皆様こんにちは。

横浜市泉区三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。


前回の記事で書いたように、GW後半は医院に籠って患者さんの治療計画作成を書きまくる予定でした。


が、


5月4日から5日にかけての深夜、
『月が出ていない』&『雲一つない晴天』の条件が重っていました。
この日を逃したら、当分チャンスは来なそうです。
そんな訳で急遽撮りに行ってきました。
神奈川県内でも天の川が見える数少ない場所:足柄下郡真鶴町番場裏海岸からの、
横たわる天の川と蠍座・土星・火星です。


この場所からは、空気が澄んだ12月に冬の天の川を撮れたことはありますが、
夏の天の川を撮れたのは初めてです(^^)
 
ちなみに12月に撮った同じく真鶴からの冬の天の川はこんな感じでした。


こういう星景の前に立つと、自分は宇宙のほんの小さな一部であることを実感します。
私たちのいる地球は、銀河系の外れにあり、その銀河系も宇宙のほんの片隅にあります。

これだけの星を前にすれば、物事の中心は遥か遠いところにあり、
自分に都合良く世界が回らないことも、いろいろなことが上手くいかないことも
当然のことと諦められます。

さて、天の川が見える場所=真っ暗な場所ということで、
上記両日とも、私の他には誰もいませんでした。
まず間違いなく、半径500m以内には誰もいなかったはずです。
もしかしたら、半径1km以内にも誰もいなかったかも知れません。

ここの海岸は岩場なのですが、真っ暗ということもあり

冬も今回も転倒しました。

とっさにカメラをかばってしまうのですが、後から思えば頭の打ち所が悪ければ死んでしまうかもです。

 

死なないまでも、打ち所が悪く動けなくなって大声で助けを求めても誰も気づいてくれなそうです。

 

もう海岸で星撮るのはやめて、山に行こうかな〜。

 

 

 

熊怖いです。

 

何事も、リスクなしに手に入れることは出来ないのですが。



 

スポンサーサイト
- | 21:28 | - | -
コメント
コメントする









 

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作 *iphone アプリ 開発
*ホームページ制作