横浜市 泉区 三田矯正歯科医院★三田院長のblog

矯正歯科治療に関することは滅多に書きません。それがポリシーです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
医院公式サイト
MOOバナー
医療法人MOO 三田矯正歯科医院
横浜市 泉区 矯正歯科

PROFILE
院長&理事長
三田 浩明 MITA HIROAKI
Age 52
Blood Type O
Mita Hiroaki

バナーを作成
院長の趣味だけのblogです。

 

三田院長のInstagramです。

 
開業を目指す人に
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
このセンスはありなのか?
皆様こんにちは。
横浜市泉区三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

私の人生の中で、最も長く続いている趣味は手軽な読書ですが、
箸より重い物を持ったことがない私は、
ハードカバーは重くて無理なので、文庫になるまで待って購入します。

ここで問題なのですが、単行本で発売されて2〜3年後に文庫本になって、
それなりに売れると映画化されて、、、
そうなると、安易な発想で新装されてしまう場合が少なくありません。

私、これスゴ〜ク嫌なんですよね。
センスのかけらもない。
だから、気になる本はなるべく初版で購入してしまいます。


ちょっと何言ってるか、わかりにくいですか?

つまり、
左が私の所有している白夜行ですが、
右のようになってしまたら、
もう購入できないです。



同様に以下、左が私の蔵書、
右が映画化に伴い、ダサくなってしまったモノの代表例です。




あ〜、無理無理。



可愛ければ、なんでも許されると思うなよ!

                      右の画像は、ネットから拝借。

で、私が知る限りで最悪なのは、やはりこれですね。

こうなってしまう前に購入しておいて、ホント良かったです。

べつに、これらの役者たちが嫌いな訳ではありません。
映画が話題になったからといって頭を使わず、
安易に映画の中の画像や俳優の写真を使用しているのが嫌なんです。


だから、本の表紙には、どんなに素敵な役者さんが写っていても
購入する気になりません。

あ、でも、
もしもこの人が映画の主役になって表紙になったら、
絶対大人買いしちゃいます。

 
スポンサーサイト
- | 23:25 | - | -
コメント
コメントする









 

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作 *iphone アプリ 開発
*ホームページ制作