横浜市 泉区 三田矯正歯科医院★三田院長のblog

矯正歯科治療に関することは滅多に書きません。それがポリシーです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
医院公式サイト
MOOバナー
医療法人MOO 三田矯正歯科医院
横浜市 泉区 矯正歯科

PROFILE
院長&理事長
三田 浩明 MITA HIROAKI
Age 52
Blood Type O
Mita Hiroaki

バナーを作成
院長の趣味だけのblogです。

 

三田院長のInstagramです。

 
開業を目指す人に
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
最後の唐揚げ定食

皆様こんにちは。

横浜市泉区三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

 

当院がある、相鉄いずみの線の弥生台駅前が再開発を行うため、

相鉄ローゼンの敷地内にある既存のテナントが立ち退かなければいけなくなりました。

 

そんな訳で、個人的には日本一美味しいと思っている唐揚げ定食が食べられるのも今日で最後です。

 

思えば、僕がフルマラソンを走れたきっかけも、このお店での出来事がきっかけでした。

ラーメン屋さんですが、ほぼ100%唐揚げ定食しか頼みません。

そして週に4回は食べていますし、同じ日の昼夜ともに食べたことも数え切れません。

 

 

走っても走っても、体脂肪率が減らない訳です。

よこすかシーサイドマラソン

皆様こんにちは。

横浜市泉区三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

ここ数年、『よこすかシーサイドマラソン(ハーフ)』というのに毎年出走しているのですが、昨日も走ってきました。
いつも同級生の大橋君と、同じ医局だった横須賀の齋藤先生も一緒です。
 
特に大橋君が一番速く、2年前の『ホノルルマラソン』ではサブ4(42.195kmを4時間以内)を達成しています。
いつも『よこすかシーサイドマラソン』の前日には、大橋君から連絡があり、「明日はどういう作戦?」
「あ〜、最初の7kmはキロ5分50秒で行って、途中のアップダウンはなんとかキロ6で凌いで、
残り7kmになったらキロ5分、残り2kmは出来ればキロ4かな〜」
なんてやりとりをします。
 
今年はその作戦会議はありませんでした。
 
いつも大橋君が先に折り返し地点を経過するので、僕は手前ですれ違うのですが、
僕が思ったよりも離されずに着いていっているときはOKサインを出してくれて、
だいぶ離されてしまったときには檄を飛ばしてくれます。
今回も折り返し付近で、いつもの癖で大橋君を探してしまいましたが、
彼の姿はありませんでした。


そのことが今でも信じられません。

続きを読む >>
空はこんなに青いというのに


空はこんなに青いというのに


台風は通り過ぎたみたいですけど
風が強いので昇っていけたか心配しています。

いつかは俺もそっちに行くから
そしたらまた一緒に走りましょう。
その時までの
サヨナラです。


追伸)
奥様とお嬢様は本当に立派でした
それはもう
本当に本当に立派でした。
「さよなら」に代わる言葉を僕は探してた
皆様こんにちは。
横浜市泉区三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

今日は、日本臨床矯正歯科医会 広報委員会(途中退席)など
2つの会議をかけもちして、
午後からこの時以来、久々にケイゾー君に会いました。


続きを読む >>
4戦全敗
 皆様こんにちは。
横浜市泉区三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

今日は、診療のない日曜日だったので、
中華街の珠江飯店に行ってきました。


お世話になっている、
有島先生と家族ぐるみのお付き合いです。

勝手にライバルだと思っている私は、
せっかくの機会と思い、
無謀にも対決を挑んでしまいました。

4番勝負です。
続きを読む >>
あれ、気にしちゃったかな?笑
皆様こんにちは。
 横浜市泉区三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

この日の記事を読んで下さった、
タカラベルモントの方が、お詫びに来て下さいました。
続きを読む >>
藤山先輩
皆様こんにちは。
横浜市泉区三田矯正歯科医院、院長の三田浩明です。

藤山先輩という方がいらっしゃいます。

藤山先輩は、空手道部の大先輩です。

僕が大学1年生のときに、歯科医師になられたので、
現役部員として一緒に練習したことはありませんが、
合宿や試合のときには、必ずと言っていいほど顔を出して下さいました。

昨年お亡くなりになったシンゴ先輩も、
藤山先輩の歯科医院に勤務したりして、
何かと僕たち現役部員の面倒を見て下さった、恩人です。

僕みたいな「神奈川歯科大学空手道部史上最弱」と呼ばれた男でも、
4年間毎日練習すれば、初段はとれますが、二段は、なかなかとれません。
ましてや一般大学ならともかく、歯科大学レベルの空手道部ではなおさらです。


しかし、藤山先輩は現役時代に二段をお持ちでした。


そんな藤山先輩から「飲みにいこう」とお誘いを受けました。

5月最後の日曜診療の後、緊張しながら出掛けました。

お会いするのは、10年ぶり以上かもしれません。


待ち合わせ場所に現れる藤山先輩、
隙のない歩き方といい、優しいけれど奥に凄みを感じる目つき、
いや〜先輩、変わってないな〜。全然!!

なんと、今でも現役で四段だそうです。

しかし僕、(先日の歓迎会で久々にちょっとだけ飲んだのを数に入れなければ)
ここ1年近く禁酒しているんです。
でも、大先輩から飲みに誘って頂いて、
「僕、酒止めたんです」
とは、とても言えません。
ものすごいペースで、次々と大ジョッキをやっつけていきます。

日付も変わり、ついつい酔っぱらってしまって、
気がついたら僕、調子にのってしまい、
偉そうな口をたたいてしまったかもしれません。

あれ、藤山先輩が半身になって構えている。

「やばい、殴られる!」

藤山先輩は半身から左拳を繰り出します。

よけられるか?
前歯、折れちゃうかも。。
続きを読む >>
藤田晃先生
藤田晃先生は、私の母校神奈川歯科大学の1回生で、矯正歯科学教室の大先輩です。
映画俳優としても通用するような容姿は、齢60を超えているとはとても思えず、
「男は年齢を重ねても、頑張ればこんなに格好よくいられるんだ」
と、私たちオヤジにも夢と希望を与えて下さいます。

昭和58年3月まで、神奈川歯科大学矯正歯科に勤務していたのですが、
当時は出来の悪い医局員や歯科衛生士さんに対しても、
鉄拳制裁やプライヤーを投げつけたり、なんてことは日常茶飯事の暴れん坊でした。

私が、同教室に入局した頃にも非常勤講師として毎週木曜日に医局を訪れ、
私もかなり面倒をみて頂きました。
昔の噂はどこへやらで、温厚でダンディーな紳士でした。

最近は、学会などでお会いすると
私よりも腰を低くして挨拶して下さったりします。


平成2年、長野県で日本矯正歯科学会の大会があったときに
食事をご一緒させて頂いたことがあったのですが、
あまりにも小食なので「具合悪いんですか?」と伺ってみると、
「あ〜、オレ胃袋半分取ってんだよ」
なんて言われてビックリしたものです。


胃袋を半分とった人なのに、奥様は私よりも遥かに若かったりもします。
ほんとうに羨ましい限りです。








午前中であがる筈だった雨は、今も強く降り続けています。

今から、晃先生のお通夜に向かいます。

T先生との思い出
大学病院の矯正歯科を非常勤になった後、矯正専門で生きて行くのか、
それとも安全に一般歯科もやっていくのか悩んだ時期がある。
それで短い期間ではあったが、一般歯科も学んでみたくて
戸塚区の先輩のところにお世話になった。
もう、10年以上も前のことである。

ある日、院長が不在の日に急患の青年がやってきた。

続きを読む >>

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作 *iphone アプリ 開発
*ホームページ制作