横浜市 泉区 三田矯正歯科医院★三田院長のblog

矯正歯科治療に関することは滅多に書きません。それがポリシーです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
医院公式サイト
MOOバナー
医療法人MOO 三田矯正歯科医院
横浜市 泉区 矯正歯科

PROFILE
院長&理事長
三田 浩明 MITA HIROAKI
Age 52
Blood Type O
Mita Hiroaki

バナーを作成
院長の趣味だけのblogです。

 

三田院長のInstagramです。

 
開業を目指す人に
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
娘の治療を通して反対咬合を考える(10)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。


さて、前回も書いた通りですが、
娘も使用している上顎骨前方牽引装置についてです。
見た目はちょっと大変そうに見えますが、
患者さんの保護者に伺うと、それほど大変ではないようです。

でも、就寝時に実際にどのようになっているのかは、
16年間見たことないまま、臨床を行ってきました。
大学病院勤務時代も、指導して頂いた先生が大丈夫だと言うので、
患者さんにも「大丈夫です!」と伝え、
そして患者さんも「大丈夫でした」と言われるので、
あまり深く考えたことは無かったです。
結構アバウトですね〜。

そして、娘が就寝時にこの装置を装着して初めてわかったのですが、
けっこう、夜中に装置がずれているんですよね。
だから、時々直してあげなければなりません。
それから、冬の乾燥した時期には、どうしても口が少し開いてしまうので
夜中、咳き込んだりもしました。
それで、夜中起こして水分を捕らせたりしたのですが、
それも1週間くらいで治まりました。
そもそも、「矯正歯科治療を受けよう」とか「子どもに受けさせよう」
と思う方は、前向きな方やプラス思考の方が多いためか、
あまりそのような訴えは聞かなかったです。
娘が装着して初めて知ったことが、いくつかあって
これからの臨床に役立てていけたらと思いました。

え?
夜中に装置のズレを直したり水を飲ませてあげているのは、
おまえじゃないだろう!
って思った方、なんでわかるの?

『次回に続く』
娘の治療を通して反対咬合を考える(9)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。


(8)までは、1週間に1回のペースで記事を書いてきた
「娘の治療を通して反対咬合を考える」
ですが、気が付けば1ヶ月以上も更新しないままでした。

さて、前回からグレートレイクス社製のフェイスクリブを使用している娘ですが、
親戚の家に泊まったときも、全く恥ずかしがらずに自慢しまくっていました。
う〜ん、そのプラス思考わけて頂戴!



当院の患者さんで、上顎骨前方牽引が必要な患者さんの保護者の方に、
この装置の写真を見て頂くと
「こんなのウチの子に無理です!」
と仰る方も少なくないのすが、実際に装着してみると全然平気です。
もちろん家にいるときだけ装着するのですが、
「○○君に見せるんだ!」
と言って、装着したまま遊びに行ってしまうお子様も少なくありません。
保護者の方に伺っても、
「最初の1〜2日は嫌がったけど、後は全然平気でした!」
という方が殆どです。

娘の場合も、全く嫌がらずに
言われなくても歯を磨くとすぐに自分で装着しています。

本当に、なんの問題もないの?
と思われた方に、少しだけお話しましょう。

あ、でも


                 『次回に続く』
娘の治療を通して反対咬合を考える(8)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。



それでは、治療を開始しましょう。


「早く歯治して〜」

装置を装着するまでの準備があるのですが、
ちょっと省略。スミマセン。

いきなり装置装着の写真です。
上顎前方牽引装置です。
当院では、グレートレイクス社のフェイスクリブを使用しています。



上顎の裏側に下の写真のような装置を装着して
一番奥の乳歯に付けた金具に専用の輪ゴムをひっかけて


フレームに一体形成されている「マウスボゥ」まで引っ張ってひっかけます。




よくある質問

Q1:学校でも装着するんですか?
A:なるべく長い時間装着したほうが「早く」「良く」治りますが、
  一般的には、就寝時も含めて家にいるときだけで大丈夫です。
  他人に見られることはありません。

Q2:1日に何時間装着するのが良いのですか?
A:症状や年齢によって異なりますが、就寝時も含めて10〜12時間の使用が望ましい
  でしょう。

Q3:食事のときは、どうするんですか?
A:外します。

Q4:装置を付けたまま寝れますか?
A:娘の場合は初日からぐっすりでした。
  
寝相が悪くても問題ありません。
  一般的にも2〜3日で慣れてしまう場合が殆どです。

Q5:○○歯科では、お口の中だけで取り外しのできる装置で治ると言われたんですが?
A:骨格的な問題がない場合には可能かもしれません。
  但し娘の場合のように骨格的な問題が存在する場合には、
  それなりの装置が必要です。
  世の中にそんなに美味い話はありません。
  「飲むだけで痩せる薬」
  「勉強しないで良い学校に行きたい」
  「楽して金儲けをしたい」
  どうですか?
  残念ながら歯科でもある話ですが...



『次回に続く』
娘の治療を通して反対咬合を考える(7)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。



話は変わって、娘(アケミ)のパノラマX線写真を撮影してビックリ!



○の部分ですが、
生まれつき、上下左右の前から数えて5番目の歯がありません。
神様が4本も大人の歯を抜いてしまいました。

「これから出来てくるんじゃないの?」

いや、5番目の歯よりも後に形成される7番目の歯(12歳臼歯)が
既に作られはじめています(☆)ので、
今後、5番目の歯が出来てくることは、まずあり得ません。

親としてへこんだかと言うと、
全然です。

ちょうど、矯正のために抜歯する本数と一緒だったので、ラッキーでした。
もちろん、全ての方が矯正のために抜歯を必要とする訳ではありません。
特に成長期の場合には、歯列の拡大を行うことにより、
以前に比べると、「抜歯」をしないでも治療を行えるケースが増えました。
ただ、
「成長期であれば全ての方が歯列の拡大を行うことにより抜歯を回避できるわけではない」ので、
その辺の診断には、非常な慎重さと、経験を要します。
私の娘は、既に4本の永久歯が存在しないため、
悩む必要が全くありません。
歯列の拡大も必要ありません。

それでは、治療計画をまとめます。

 治療計画
  上顎骨成長促進
 (非抜歯を目標とするための)無駄な歯列の拡大は行わない

 使用する装置
  フェイシャル・マスク

 予想治療期間
  6ケ月

それでは、治療を開始しましょう。

                        『次回に続く』

 
娘の治療を通して反対咬合を考える(6)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。



何故、下顎の問題より上顎の問題の方が治りやすいの?
何故、女の子の方が男の子より早く治療した方が良いの?

ポイント1:
成長期であれば短いものは(限界はあるにしても)長くできます長いものは短くできません
ポイント2:
上顎の骨と下顎の骨では発育する時期が違う
ポイント3:
女子の方が男子よりも成長が早い

<成長期で、上顎の骨が短い(劣成長)タイプの反対咬合の考え方。>
(1)前歯の反対咬合を放置すると、上顎の骨が成長したい時期に成長できない
(2)早期に反対咬合を改善してあげることにより、残された成長力で上顎が自然な成
  長発育を取り戻しやすい
(3)但し、その個人が生まれ持っている成長力を超えて、発育させることは不可能と
  みる見解が多い

わかりにくいでしょうか?
つまり、娘(アケミ)の場合には1歳のときから反対咬合だったので、
4年間にわたり、上顎の成長が阻害されてきた可能性が高いのです。
ただ、まだ5歳なので、前歯の噛み合わせを正常に戻してあげれば、
まだまだ(アケミが本来持っている成長力で)上顎の発育が期待できます。
理想的な治療開始時期は、同じ上顎骨劣成長でも種々の条件 例えば
正常値より何ミリ成長が悪いかとか、本人の性格などによっても変わってきますが
娘の場合は4ミリも標準値から後退しており、さらに歯ぎしりが激しく、
食事中ときどき噛みづらそうにしていることもあったり、成長が早い女子でもあり、
なにより
「パパー、あーちゃんの歯はやく治して」
と言われたので治療を開始しました。

親バカまるだし!!


矯正歯科医によっては、3歳くらいから治療を開始する先生もいらっしゃいますし、
せめて上下の前歯2本づつくらいは大人の歯が生えてこないと治療を開始しない先生もいらっしゃいます。
以前も述べたように、山に登るルートが違うだけですから、
特に「どれが正しい」ということではありません。
但し、横顔のレントゲン写真も撮影せずに治療を開始することは絶対にあり得ませんのでご注意を!

さて、下顎が長いタイプの反対咬合ですが、疲れてきたので又の機会にします。

話は変わって、娘(アケミ)のパノラマX線写真を撮影してビックリ!


『次回に続く』




娘の治療を通して反対咬合を考える(5)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。



話を娘に戻します。
噛み合わせの写真はここを見て下さい。
横顔はこんな感じです。

え、そんなにヒドく見えないって?
ハイ、5歳で下顎がそんなに長い人はまずいません。
アントニオ猪木さんだって5歳の頃から、あんな顔していた訳ではないのです。
この人だってこの人だってこの人だってそうなんです。
第2次成長期すなわち背が伸びるときに下顎の骨も成長しやすいのです。
専門家の目から見れば、5歳でこの横顔はちょいと危険を感じます。

続きを読む >>
娘の治療を通して反対咬合を考える(4)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。



何故、相談する先々で言われることが違ってしまうのでしょうか?
ひとことで言えば
「山を登るルートは一つでは無い」
ということでしょうか。

大学病院でも、場所によって治療法や料金に差があります。
但し、どこか一つの大学病院の治療法が特に優れていれば、
みんなそこのやり方で治療を行う筈です。
それぞれに利点・欠点があるので、どこが正しいという訳ではありません。

しかし、これはあくまでも「山に登れること」を前提に話していますので、
山に登れない人に相談してしまった場合までは、知ったこっちゃありません!

続きを読む >>
娘の治療を通して反対咬合を考える(3)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。



例えば下の写真のような反対咬合のお子様を例に話をします。


この子の保護者の方が、この子の治療を考えた時に
(1) 矯正専門医に相談する
(2) かかりつけの歯科医院に相談する
(3) 矯正治療経験者のお友達に相談する
(4) 保健所等の無料歯科相談を利用する
(5) インターネットで情報を調べる
等が考えられますが
相談する先々で言われることが違うことが少なくないために、
非常に混乱してしまう訳です。

続きを読む >>
娘の治療を通して反対咬合を考える(2)
お手数ですが、(誤解を生じないように)左上のカテゴリーから
「反対咬合」を選択し、(1)から順番にお読み下さい。



このblogは、三田矯正歯科医院★三田院長のblogというタイトルでありながら、
矯正歯科治療の学問的なことは一切触れて来ませんでした。
さらに三田矯正歯科医院のオリジナルホームページにも、具体的な治療法すなわち、
こういう症状はいつ頃から、この装置を使って...
等というコンテンツは含まれておりません。

その理由は、WEB上の写真などだけを参考にして
「私はこの人と似ているから、こういう治療法だろう」とか
「わたしの娘は、この人と似ているから、まだ治療は始めなくて良いだろう」
等と判断する事が非常に危険だからです。


続きを読む >>
娘の治療を通して反対咬合を考える(1)
「"あーちゃん"だよ!『感動の物語、シリーズ化決定!』ってパパが言ってたよ」

私自身の反対咬合を治療したのは25歳のときでした。
そして、生まれた娘もやはり反対咬合でした。



2004年の8月(娘:5歳5ケ月)に、精密検査を行い
「どこに問題があるために、反対咬合になっているのか」
「今すぐ治療をした方が良いのか」それとも「もう少し待った方が良いのか」
「今すぐ必要であれば、どうやって治すのか」
等の診断を行いました。

このblogをご覧頂いている方の中には、
「え!5歳なんてそんなに早く始めるの?」
「乳歯しか生えていないのに始めるの?」
などと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今後、シリーズ化して「一般論」「私なりの考え」などを交えて
報告していく予定です。
しかし、その前に知っておいて頂きたいことがあります。

続きを読む >>

*iphone アプリ 開発
*ホームページ制作 *iphone アプリ 開発
*ホームページ制作